5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初、公園内の木が遠くから見たときに、不謹慎にもキノコ雲を想像してしまった。ここが平和記念公園にもかかわらず。

今回の行き先は広島。初日行ったのは、「男たちの大和」 のロケ地にもなり、昔は造船で一時代を築いた町、呉。 と、着いてからその事実を知ったのだけど。

造船を始めてあっという間に列強を脅かす存在ぬなり、そのために不当な規制を受けても、「じゃあどうすればその不利を補えるか」を考え、更に改善した戦艦を作り上げた事実に、当時の人々の誇りとか、現代日本が「モノ作りの日本」と言われる所以みたいのを垣間見た気がした。

そして、それに乗り込んだり、人間魚雷と呼ばれる兵器に乗り込んだりする若者を思って、自分には出来るか、と無駄な自問をしたりして。気付いたら2時間位経ってた。

2日目の今日は、平和記念公園と宮島へ。 10時過ぎに公園内の資料館に入るも、年配者からカップル、小学生くらいの子供、外国からきた人、と様々。 時には生々しく、直視できない展示品や写真、説明などを見ながら、近代に戦争をやろうと決めた人たちは、ここには来たことないんだろうなぁと思った。

自分がいまこの時代にいるのは、運が良かっただけで、60年ズレてたら、と恐ろしい。その写真を見ると、本当に「見入って」しまう。しばらく動きが止まってしまうこともしばしばだった。

今は生き方を選べるけど、空襲で町が文字通り「無」 になって、自分たちもほうほうの体で、それでも生きなければならなかったのは、どんなだろう、と。どっちの時代がイイとか悪いとか、比較することは簡単ではないと分かってはいるけど。
その時代の人たちの上に立っている、彼らに生かされている、とも。本来は平和記念公園だけど、祈念でもイイよなと思った。

今こんなこと思っても、徐々に自分の意識から薄れる気はするけど、こういう資料館が在り続けることで、そこに行ったことある人は何か思い出せるし、知らない人は知ることが出来るチャンスがある。だから、これからも変わらずそこに在って欲しいと思った。平和と戦争のシンボルとして。

昼にアナゴ飯を食べ、フェリーで宮島へ。 海上に立つ鳥居を見、その名の通り、厳かな雰囲気の厳島神社を拝観し、土産通りなどの雰囲気を楽しむ。 空と山と鳥居と海とを一度に見渡せる景色と、和みの雰囲気を味わえる土地は、一泊二日の旅程は短かったか、とちょっと後悔させられた。 何年かして両親と来るのとかも良いかもしれない。

あとは、広島市の印象は、市内電車とお好み焼き!って感じで、市民の足としても観光客の移動手段としても市内電車は便利で馴染んでるし、ホントにそこかしこにあるお好み焼き屋にもびっくり。 もち昨日食いましたけど。 あと、海と山が近いっていうのも、自分の広島のイメージになかったから、イイ意味で予想外だった。

そんなこんなで、今は現実、京浜線内。 また新しい土地へ行けるように、明日から頑張らねば。

印象的だったので、久々にアップ。
スポンサーサイト
給与男
朝、同じ時間・同じ車輌の電車に乗り、

ギュウギュウ詰めの車内でボーっと1時間をやり過ごす。


朝、同じ時間・同じ動作でPCを立ち上げ、

起動しきれていないアタマで社内での一日が始まる。


昼、そこそこ安そう・美味そうな店を探す。

飲み会、「どこかメシたのむ」と言われ、そこそこ安そう・美味そうな店を探す。


夕方、ドア近くのスペースに立ち窓に映る顔はどこか疲れている。

夜、運動したわけでもないのに体のどこか、疲れている。



似たような毎日が繰り返され、

それがダメだと分かっていても、

気持ちと行動が一致しない。

あんなオヤジになりたくないと思いつつ、

確実にジワジワと日々が磨り減っていく。


「キターーーーーー━(゚∀゚)━!!」

と喜ぶ給料日。

でも、すぐに家賃だなんだと¥は飛んで行く。


「世界はそれを サラリーマンと呼ぶんだぜ!!!」


このままでイイのか

転職、独立、それとも。。。

どうする どうするのよオレ!


つづく


人生がね。


*この文章はフィクションであり、本人の生活と関係するものではございません。悪しからず。
コーンポタージュ
友人たちと久々にオールした後の新宿 朝5:30。

24時間営業のマックで軽く胃の調子を整える。

外気温17℃で、薄い長袖では寒く思わずコーンポタージュを頼む。

それをすすると体が少しずつ温まっていく。。。


この日は友人二人の誕生日会。

食事会に集まったのは彼らを除いて7人。

普段会わなくても、こういう時に来てくれたりする。


来れなかったけどメッセージをくれた友たちもいたり

ご飯の後、カフェみたいなとこに入り

他愛のない話や雑談で笑い合ったり

カラオケに行って盛り上がったり


そんな出来事の最中にふと

ココロが温められる。
空風の帰り道
「さよならは悲しい響きだけど僕が言えば愛の言葉」
(Mr.Children 『空風の帰り道』)*「空風」か「からっかぜ」です。

もちろん、自分にそんな言葉の力は無いけれど、それでも

「さよなら」をただの別れの言葉にしたくない気持ちはある。


昨日は今月でやめる先輩たちの送別会があった。

ウチの部隊、8人のうちの3人、特にお世話になった人たちばかり

だったので、昨日の帰りの電車の中で 一人、

来週からどうなるんだろうと思ってしまった。


別に 今生の別れではないにしろ、 やっぱり寂しさはある。

昔、家族でスキーに行ってた時、父親の友人家族とかと

一緒に泊まっていた。

何日か一緒に過ごした後の最終日 車に荷物を載せ

「じゃあ また来年」

って言って 出発する時 やっぱり寂しい気持ちになったのを思い

出した。


来週から 少し広く感じる仕事場に寂しさを感じるだろうけど

3人とも また会う機会があるだろうから

今回は一時的な「さよなら」ってことにしておこう
咳をしてもひとり
って、かつて石川啄木は言ったらしい。一人暮らしの寂しさを

現したとか、現さなかったとか。うろ覚えだけど、確か啄木。


まさに最近の自分がそんな状況。

先週あたりからずっとノドの調子が悪い。

よく、ジュースとか飲み損ねてムセルけど、

そういう状態が結構続き、今日とかは咳のし過ぎで、ノドが腫れて

きた感があるし。それ以上に、満員電車で咳を我慢するのも辛い。

さらに、電話使った仕事しているだけに、余計タチが悪い。

何せ急に声が裏返りそうになったり、高くなったり、

低くなったり。支障でまくり。客も迷惑だろうな。

良かったことと言えば、咳をするたびに腹筋が鍛えられている気が・・・

しないでもないけど、「気がする」だけだな、多分。

やっぱエアコンのせいかな~ と思い、部屋に帰ってくるとなるべ

く使わずに済まそうとするが、やっぱ暑いし、結局咳は出る。

一人暮らしで頼る人もなく、唯一の味方はイソジンのみ。

味方と言っても、分量間違えると強敵になりますけど。


夏風邪になりかねないから早く治さないとな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。