5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分を信じるスポーツ
宮里藍がいなかったら多分、もっと注目されてたんだろうなぁと思う。

女子プロゴルファー・横峯さくら、20歳。

このトシで、去年7000万円を稼いだが、宮里の1億には及ばない。

それでも、父・良郎との掛け合いもあり、人気がある。

もちろん、実力もあるから注目も浴びる。

そんな苦悩もある彼女を追った番組・アンテナ22(日本テレビ系)を見た。


バラエティ番組に出る自分を「タレントじゃないんだけどな」と笑い、
ゴルフ以外の世間も知りたいから、「英語やお菓子も習いたい」とも言う。
父親にも反発する年頃の、普通のハタチでもある。

そんな彼女も、普段は
「営業スマイルで頑張っている」と話し、
同行の女性ディレクターに本音を漏らす。

「ゴルフは自分を信じれるかどうかのスポーツ。だから今の自分は自分を信じられていないんだと思う」


メンタルが重要だというゴルフで、調子が落ちているときに話した言葉だが、どうしても誰かに話したいというほどの苦悩があったのだろう。

「成績が悪くても死ぬわけじゃない、って思うと少し楽になる」
とも言った。それと比べるほど、プレッシャーがあったのかと思う。

まだ弱冠二十歳なのに、それだけのものを背負っている

それだけでも凄いことなのに、それ以上のことを求めるのは酷かもしれない。

マスコミがそういうものに頼ってしまうのは、仕方のないことなのだろうか。

それとも、スポーツ界を盛り上げる別の方法を模索する時代なのだろうか。

スポンサーサイト
きのうの出来事
きのう、久々に走った。
と言っても、いつもみたいにゆっくりではなく、短い距離を速めに。
最近は身体重く感じるから、スポーツ選手みたく「身体にキレを戻すため」スピード系をやってみた。

当然、全盛期の中学時代には遠く及ばないが、「駆け抜ける」感じはやっぱりイイ。

ちょっとしたスポーツマンを気取りながらも、夜は飲みへ。 楽しい2時間もあっという間に過ぎ、散会に。この後もう一軒行き、昼間の健康的生活とは逆に、いつもより酔ってしまった。
眉がないから・・失格に
鹿児島の中学校総体のバドミントン大会で、
勝ったチームの選手が眉を剃っていたという理由で失格になったらしい。

試合のあとに、相手チームの選手から指摘され、
それが受け入れられたのだという。

なぜ、受け入れられるのかというと、規則にある
「試合前に、髪を染めたり、眉を剃ったりする、相手を不快にさせる」

服装にあたるからだという。大会前に、このことは通知されており、これを破った場合は、試合に「出場させない」ことになっていたという。

規則があるなら仕方ないのか、と思いそうだが、
今回の指摘は試合の後である。
ということは、試合には出場させていたわけで、本当にダメだったら、
試合に参加させなければよかったのだ。


中学生で、「髪を染めたり、眉を剃ったり」するのがイイかどうかはわからないけど、それは、親や学校の指導の問題で、スポーツ団体が口を挟むことではないし、そういった行為は、見た目や周りの人に与える印象に影響があったとしても、競技の結果にもたらすものとは無関係だ。


不快感を与えられて、気持ちが揺らぐ選手ならその程度だろうし、
精神的強さが大事なスポーツなら、それくらいのことで目くじら立てるのはおかしい。

今回の場合、団体戦で、その選手のみでなく、チームが負けになったことで関係ない選手も巻き込まれた。
一生懸命やってきた生徒たちの頑張りを、簡単に覆して良かったのか疑問だ。
ツール・ド・Station
朝、通勤時間帯の道路はチャリの人が多い。

で、ふと見ると、3人くらい並んで走っている自転車はそれぞれが等間隔で、

ペースが保たれている。

微妙に前傾で、競輪レースかとちょっと可笑しかった。


で、ふと思ったのが、

「自転車はスポーツか?」


何か運動してる?

って言われて、「普段、自転車乗ってる」
はアリだと思う。でも

何かスポーツしてる?

って言われて、「自転車乗ってる」
って言う人は、車輪が細い、それ用の自転車に乗っている人で、
決して、駅までの交通手段でママチャリを乗っている人ではないと思う。


じゃあ、

スポーツ=運動

ではないということだ。

昔、あるスポーツライターのセミナーに出て、
「これはスポーツと言えますか?」
って言われて見せられたのが、

ステージで、音楽を流して
大きな和太鼓を叩いている人の映像だった。

答えは何でもイイが、
なぜスポーツだと言えるのか、言えないのか、
考えさせられるものだった。


で、今回の自転車の話。

イメージだけでいうと、
運動は「嫌々」的なイメージがある。
義務的というか、「~しなければならない」っていうか。

スポーツは「好きで」やっている感じがする。
そうでなければ、何万・何十万も出して自転車は買わないだろうし。


でも、そういう人に
運動か?スポーツか?
ときいたら、「趣味です」って返事されそうな気もするけど。


最近走れていないから・・
1Fから4Fまでの階段だけで微妙にツライ。


~最近はmixi中心だったから、久々にこっちに書き込み。

何でまた、というと、

ここに来てくれた人の人数がわかるカウンターがあるのだが、
全く更新してなくても、来てくれる人たちがいる、
とわかったことが一つ。

あとは、最近、自分のやりたいこととか、目標とかに向かってる人というのは
やっぱイイなぁと思い、自分も少しずつ自分の興味ある分野(=スポーツ)
のことを書いていこう、と改めて思ったから。いつまで続くかわからないけど。


と、言っても、いきなり何かかけるわけでもないので、
まずは隗より始めよ、ってことで、身近なネタから。
ってことで冒頭の続き↓~



せっかく去年フルマラソンを経験したのに、その体力がなくなってる。もったいない。

走るのはせいぜい、土日の1~2日のみ。

それも30分、やって1時間。

目標の年一回のフルマラソンも大丈夫なのか、って感じだし。


ん~スポーツクラブに入ろうか。

場所と金の問題はあるけど。

やっぱり体力はあった方がイイし。
定期的に走っていた時は、普段疲れにくいのを実感できてたし。


って思うこの頃。

イイ体力維持方法ないんかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。