5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武勇伝
♪ブユウデン ブユウデン ブユウデンデンデデンデン♪

でおなじみの、オリエンタルラジオ。中田敦彦(大阪出身)、藤森慎吾(長野出身)のお笑いコンビで、名前は二人の好きな単語をくっつけたのが由来だ。

昨年4月のデビュー以来、驚異的な速さで出世する彼らの代名詞ともなった
「武勇伝ネタ」
ただそれは、
「ブレイク用のネタって感じなんで」
と中田は話す。

現在のブームは、
「お笑いブームというか、ネタブーム。近いうち衰退する」
と言う彼らが次に目指すのは、第2弾的な
「派手なものじゃなく、オーソドックスな」
漫才や、コントのクオリティを上げることだという。

その実力があると証明したのが、昨年のM-1グランプリ。10年目以内の若手漫才NO.1を決める決戦では、3378組の芸人が参加したなかで準決勝まで進んだ。それも「武勇伝」を封印してだ。

売れて浮かれて終わり、ってことではなく、その先のことも考えている。自ら「戦略好き」という中田に「ついていく」かたちでこの世界に入った藤森。藤森が「ゴールデンで冠番組を」と言えば相方は「それにはこだわらない」と幅の広さを見せる。これだけで判断すると、中田の方が引っ張っているように見える。もちろん実際はわからないが。 

ただ、それもイイんじゃないかと思う。ダウンタウンも「浜田はめちゃくちゃ突っ込みとか努力したと思う」とまっちゃんが言うように、はじめから2人とも凄いことなんて稀なのだから。今年のM-1の決勝で、ぜひ彼らの漫才を見たいものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/128-9378e3d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。