5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチローのひまつぶし
守っている時は結構ヒマらしい。
イチローなのにそんなこと言っていいのかと思いつつ、「誰も知らない素顔のイチロー」という番組内で結構いろんな本音を漏らしていた。その中で、自分が外野の守備についている時に実は、暇潰しに色々考えていると言っていた。

「使えないよ、って思うことが8割」

らしいが

「考える習慣がついていろんなアイデアが浮かんでくる」

と言う。
しかも、時に、かなり難しい状況で「どうしたらできるか」を考えることもあるという。

細かい話になてしまうが、彼はこんな例をあげた。
「ノーアウト、又は1アウト3塁で、自分の所にボールがきた。普通ならタッチアップで1点の場面でどうしたらそれを阻止できだろうと考えていた」

と言う彼が出したアイデアは、捕球のタイミングをずらすことだった。
文章だけではわかりずらいが説明するとこうなる。

状況:ノーアウトまたは1アウト・ランナー3塁。打球が外野の深い所に飛び、どんなにいい返球をしてもタッチアップで1点が入る場面。

3塁ランナー:タッチアップは外野手が捕ってからスタートしなければならない。「イチローは肩がいいので刺されるかもしれない」と思う。
イチロー:ランナーの焦りを知っている。だから普通にボールを捕るのでなく、自分の足元でボールを捕るようにする。

3塁ランナー:イチローが普通にボールを捕ると思い、そのタイミングで飛び出す。しかし実際はタイミングがずれている。ボールを捕る前のスタートだと、例えホームインしても、認められない。ボールがランナーより早く3塁にわたればアウトになる。

ちょっとわかりずらくなったかもしれないが、イチローは、「考える」ことで普通なら諦めるような状況を打開する策を見出そうとしたのだ。
イチローだから、そういうアイデアも本当にやってしまいそうに思えるし、こういう、自分で考えることを続けてきたから「イチロー」でいられるのかもしれない。



ランキングサイトにエントリー中です。
協力のワンクリック、お願いします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/163-1c601c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。