5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
USAの意味
Umpire Support America(審判がアメリカを助けた) だな、多分。
そんな風に思った、アメリカー日本のWBC2次リーグ緒戦の出来事だった。

8回表、一死満塁で日本の攻撃。バッター岩村。レフトへの打球、3塁ランナー西岡はタッチアップし、ホームイン。勝ち越しかと思われた矢先、米監督が「足が離れるのが早かった」と抗議、判定が覆った。日本は結局、9回にサヨナラ負けを喫した。

この根拠と恐らくなったのが、西岡の上体の動きだと、「報道ステーション」栗山英樹氏は言った。
「西岡の動きが上手すぎた。上体を振って反動をつけて、レフトが捕ったと同時に勢いつけて飛び出せるようにしたから、その上半身の動きだけ見て、『足が離れていた』と判断されたと思う」

との解説だった。確かに、リプレーを見ると、上半身が先に動いている。しかし足はレフトが捕ったと同時あるいはその後に動いている。米国メディアもそのことを書いているし、韓国メディアは、「実力で勝てないとわかった米国の詐欺劇」とまで批判した。

通常のペナントレースであれば、百数十試合のうちの一つ(それでも敗戦はキツイが)だが、今回のような短期決戦での1敗はかなり痛い。それが審判による誤審であっても、勝敗表に「負。但し誤審による」などと書かれないし、今回は4チーム総当りのリーグ戦だけに、この「敗戦」は意味が大きい。

そういうときに、ビデオ判定を導入していれば、と思ってしまう。試合の流れが大きく左右される今回のようなプレーのケースのときに、各チームがゲームで決められた回数、この権利を使えるようにすれば、少なくとも

「野球がスタートした地でこういうことがあってはいけない」(王監督)

事態は避けられると思う。



ランキングサイトにエントリー中です。
協力のワンクリック、お願いします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/166-1cb80d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。