5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コレハヤバイ
「病気にならない生き方」(by新谷弘実=米国一の胃腸内視鏡外科医)を読んで、今の生活を見直さないと、と思った。

友人に薦められた本だったが、意外な事実が続々出てきて、今まで何となく「身体にイイと思っていた」ものはが実は、
「ただのイメージ」だと分かり愕然。

例えば、
●牛乳。牛乳は結果として体内のカルシウムを減らす。
☆子供の頃から普通に飲んでいて、一人暮らししてからも飲んでいた自分にとってはショックだった。

●油もの。酸化が早く、体に良くないという。
☆これも、美味しいからつい食べてしまう。一人暮らししてからはそうでもないが。

●肉類。成長速める=老化を早める。また、腸の状態を悪化させる。
☆昔から好きで食べてるし、一人暮らししてからは特に、魚より断然、肉ばかり食べている。

などなど。


ん~これはマズイ。とりあえず

1.牛乳は飲まない。
2.肉の量を減らし、魚を増やす。
3.よく噛んで時間をかけて食べ、食べる量自体を減らす。

ことを実行することに。

特に3.の「よく噛んで食べる」ことを実行したら、中々ご飯が減らない(今日は焼きそばだったけど)。今までいかに早く、味わうことなく食べていたかを実感した。


それにしても、今までの食習慣とか生活習慣の常識が必ずしも健康に良くないと分かっただけでも良かった。ま、実行しなきゃ意味ないんだろうけど。

今度 家族にも読んでもらいたいなぁ~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/177-78765f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。