5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分を信じるスポーツ
宮里藍がいなかったら多分、もっと注目されてたんだろうなぁと思う。

女子プロゴルファー・横峯さくら、20歳。

このトシで、去年7000万円を稼いだが、宮里の1億には及ばない。

それでも、父・良郎との掛け合いもあり、人気がある。

もちろん、実力もあるから注目も浴びる。

そんな苦悩もある彼女を追った番組・アンテナ22(日本テレビ系)を見た。


バラエティ番組に出る自分を「タレントじゃないんだけどな」と笑い、
ゴルフ以外の世間も知りたいから、「英語やお菓子も習いたい」とも言う。
父親にも反発する年頃の、普通のハタチでもある。

そんな彼女も、普段は
「営業スマイルで頑張っている」と話し、
同行の女性ディレクターに本音を漏らす。

「ゴルフは自分を信じれるかどうかのスポーツ。だから今の自分は自分を信じられていないんだと思う」


メンタルが重要だというゴルフで、調子が落ちているときに話した言葉だが、どうしても誰かに話したいというほどの苦悩があったのだろう。

「成績が悪くても死ぬわけじゃない、って思うと少し楽になる」
とも言った。それと比べるほど、プレッシャーがあったのかと思う。

まだ弱冠二十歳なのに、それだけのものを背負っている

それだけでも凄いことなのに、それ以上のことを求めるのは酷かもしれない。

マスコミがそういうものに頼ってしまうのは、仕方のないことなのだろうか。

それとも、スポーツ界を盛り上げる別の方法を模索する時代なのだろうか。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/190-c464ae70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。