5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「大停電の夜に」
自分は何をしてその時間を過ごすだろう。

アメリカでの出来事をモチーフに、日本で作られた映画。


あるクリスマスの日、街の明かりは全て消え、それをきっかけに人々の心の闇とアカリが浮き上がる。

ある人は自分の出生の秘密を聞かされ、ある人は離婚を決意する・・・

それらはまるでロウソクの灯りのように、小さいながらも確実に存在するものとして。

今の時代、電気がないと、仕事も出来ずテレビもみれない。困ることこの上ない。でもそれが逆に、人と人がコミュニケーションをせざるを得ない状況を生み、そこから思いやりが産まれる。

停電のが夜が明けた時、人々の心に確かな変化をもたらす。

音も映像も静かだけど、個人的には好きな感じの作品だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/197-96665d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。