5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初、公園内の木が遠くから見たときに、不謹慎にもキノコ雲を想像してしまった。ここが平和記念公園にもかかわらず。

今回の行き先は広島。初日行ったのは、「男たちの大和」 のロケ地にもなり、昔は造船で一時代を築いた町、呉。 と、着いてからその事実を知ったのだけど。

造船を始めてあっという間に列強を脅かす存在ぬなり、そのために不当な規制を受けても、「じゃあどうすればその不利を補えるか」を考え、更に改善した戦艦を作り上げた事実に、当時の人々の誇りとか、現代日本が「モノ作りの日本」と言われる所以みたいのを垣間見た気がした。

そして、それに乗り込んだり、人間魚雷と呼ばれる兵器に乗り込んだりする若者を思って、自分には出来るか、と無駄な自問をしたりして。気付いたら2時間位経ってた。

2日目の今日は、平和記念公園と宮島へ。 10時過ぎに公園内の資料館に入るも、年配者からカップル、小学生くらいの子供、外国からきた人、と様々。 時には生々しく、直視できない展示品や写真、説明などを見ながら、近代に戦争をやろうと決めた人たちは、ここには来たことないんだろうなぁと思った。

自分がいまこの時代にいるのは、運が良かっただけで、60年ズレてたら、と恐ろしい。その写真を見ると、本当に「見入って」しまう。しばらく動きが止まってしまうこともしばしばだった。

今は生き方を選べるけど、空襲で町が文字通り「無」 になって、自分たちもほうほうの体で、それでも生きなければならなかったのは、どんなだろう、と。どっちの時代がイイとか悪いとか、比較することは簡単ではないと分かってはいるけど。
その時代の人たちの上に立っている、彼らに生かされている、とも。本来は平和記念公園だけど、祈念でもイイよなと思った。

今こんなこと思っても、徐々に自分の意識から薄れる気はするけど、こういう資料館が在り続けることで、そこに行ったことある人は何か思い出せるし、知らない人は知ることが出来るチャンスがある。だから、これからも変わらずそこに在って欲しいと思った。平和と戦争のシンボルとして。

昼にアナゴ飯を食べ、フェリーで宮島へ。 海上に立つ鳥居を見、その名の通り、厳かな雰囲気の厳島神社を拝観し、土産通りなどの雰囲気を楽しむ。 空と山と鳥居と海とを一度に見渡せる景色と、和みの雰囲気を味わえる土地は、一泊二日の旅程は短かったか、とちょっと後悔させられた。 何年かして両親と来るのとかも良いかもしれない。

あとは、広島市の印象は、市内電車とお好み焼き!って感じで、市民の足としても観光客の移動手段としても市内電車は便利で馴染んでるし、ホントにそこかしこにあるお好み焼き屋にもびっくり。 もち昨日食いましたけど。 あと、海と山が近いっていうのも、自分の広島のイメージになかったから、イイ意味で予想外だった。

そんなこんなで、今は現実、京浜線内。 また新しい土地へ行けるように、明日から頑張らねば。

印象的だったので、久々にアップ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント

色んな番組で戦争についてや奴隷についてや観るたんびに、
この時代にここに生まれているから知らんけど、
そうでなかったらとゾッとする。

でも、それをいつの間にか心の片隅によけてしまって、
思い返したり、考えたりを普段しない事に
自分の心の狭さを感じる、。

広島、いつかいこう。と
この記事読んで思った。

宮島も行ってないし!
すごい感動するやろなぁ。
鳥居の朱って綺麗な色やしな。
海の深い青と。

旅人ですねー。

2007/06/05(火) 01:40:12 | URL | ゆっこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/23(火) 10:54:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/219-6cde08d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。