5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとなく書いてみました
日はウォーキングツアーの手伝いで、朝からバイト。といっても、大げさなものじゃなく、コース上に立って、お客さんが迷わないように道案内する役だ。
一見楽そうだが、ず~っと立っているので地味に疲れるし、場所によって日陰になるので手足が冷える 今日は手袋がなかったので余計辛かった

れをやっていると、人間のいろんな面が見れて面白い。挨拶にしても、
「おはようございます」とこちらが言う前にいってくれる人。
「ご苦労様」「お疲れ様」とねぎらってくれる人。
少し恥ずかしそうに頭だけ下げる人。
などなど。人それぞれだが、こちらから声を掛けたときに、何らかのリアクションがあることは嬉しいものだ こちらが笑顔で挨拶すれば、相手も笑顔で返してくれる。これだけで、ただ道案内するだけの単純作業にも潤いが生まれる。

き方もそれぞれ違う。速く歩くことを目的とする人たち。仲良しグループでおしゃべりしながら歩く人たち。ビール片手に歩く人たち。年配の夫婦、若者のカップル、親子、etc。今回見た中で特に「イイなぁ」と心暖まったのが、おじいちゃんと、小学生くらいの女の子。手を繋いでる、少女の幸せそうな笑顔が印象的で、こんな孫を持つおじいちゃんは幸せだろうな~と思った。自分はこういうことあったかな、と思ってしまった。もっとおじいちゃん孝行しとくんだったなぁ。

かにも、年配の夫婦で腕を組んでいたり、親子でペアルックだったり、見ているだけでちょっと、寒さを和らげてくれる光景があった。この「外回り」は久々だったけど、こういうのを見ると「悪くないかな」と思う。


、こんなことを書いていたら母親からが。話しているうちに、今日が誕生日の父親と電話を代わり、「おめでとう」と言わないまでも、それらしい話題を振りつつ、年末どうするんだ、などの話もしつつ、「昔はこんなに話さなかったなぁ」と、自分と親が歳をとったことを実感。まぁ、悪くない「実感」だけど。

娘で参加するウォーキングも、一緒に実家で暮らすことも、誕生日にメールすることも、親孝行のカタチは多分人それぞれだろうけど、やっぱし何かしらしときたいなぁ、と思うここ1年くらい。「親孝行したいときに親はなし」と言うし。
最後はウォーキングと関係なくなってしまったけどご勘弁を
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/48-0448c1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。