5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーロッパvs南米
リバプールvsサンパウロ。まさかの開始1分での交代劇で試合の幕は開けた。

と言っても選手交代ではなく、警備員のだ。
発端はアホな観客のピッチへの乱入だった。警備員の目の前から入ってきたのに何も対応できなかったことで、その若手はベテランと交代、その付近は人数をかけ守備的フォーメーションになった。
試合はというと、自分的にはも少しイイ試合になるかと思ってただけに不完全燃焼。お目当ての一人、クラウチもベンチスタートだったし。選手紹介で一番大きな拍手をもらったのはリバプールのジェラード。次に、過去にヴェルディに在籍し、その後3カ国のリーグで得点王になったサンパウロのアモローゾだった。

サンパウロの注目は両サイドの攻撃と、FKやPKも蹴るキーパーのセーニ、先ほど挙げたアモローゾだった。 だが蓋を開けると、目立ったのはGKセーニがファインセーブを連発したことと、チームの堅い守備だった。「南米のチーム=攻撃的」というイメージだったので意外だった。

リバプールは予想外にも、クラウチ、シセを外し、キューウェルを入れてきた。最近ケガで戦列を離れていたので、スタメン発表で彼の名前が呼ばれた時はスタンドがどよめいた。
自分が注目してた二人はというと、これまた想定外。リーセは終了間際の登場で、彼の武器である迫力のロングシュートは見れずじまい。クラウチも残り10分で出場も、いつもの長身を生かしてのチャンスメイクは出来なかった。かなりショック。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/71-5b45be53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。