5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメフト
20051219200618
試合前、両チームの選手が健闘を誓うシーン。

松下電工インパルスvsオービック・シーガルズのアメフト社会人NO.1決定戦を見に東京ドームに。この4日間で3競技めのスポーツ観戦だが、こんなことは初めてだ。

戦前の評価では松下の堅い守備的、オービックの破壊力、ときいてたが、前半終わって松下が16-0とリード。ここまで、オービックの#15・QB龍村は不調のようだった。

後半、オービックがタッチダウンを連続して奪い、追いつく。アメフトは、守っている側でも相手ボールを奪えば(=インターセプト)そのまま攻撃に移って得点する可能性もある。また、一発のロングパスからタッチダウン、ということだってある。守備側はそれを阻止するために、必死で追いかけ、タックルで潰しにかかる。屈強な男たちのぶつかり合いは、フィールドに頻繁に担架が入ってくるくらい激しい。 アメフトの本場、アメリカでは選手としての平均寿命は3年と言われる。

そんな激しい試合も、後半は立場が逆転、シーガルズが攻め立てる。終了間際にもタッチダウンを決め、ダメを押した。

最初はどっちの応援をするとかなかったが、座った場所が松下側だったので、自然と気持ちがそちらに入り負けた時は少し残念だった。

―帰りの電車―仕事終わりや飲み終わりの人たちの間を縫って降りる時の自分は、守備陣をなぎ払って進む選手の気持ちになっていたとさ。

今日の体重   今日も帰ってきたのは11時近くのため不規則な感じ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/74-fa981a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。