5daysmarket
スポーツ(マイナー系)、日々のJog日誌や、出来事など書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bjリーグ
が始まって1ヶ月半が経つが、どれだけの人がこのリーグに注目しているのだろうか。12月20日のスポニチにその記事が載っていた。

bjの45日
とつけられたタイトルで、①観客動員 ②人気 ③関心度
に関する実情、問題点を書いていた。
①は後回しにするのでほかの2つから見ていくと

②は外国選手の人数制限のなさがクローズアップされている。外国選手につられ、周りの日本選手がレベルアップする可能性と、彼らに頼るだけになってしまうマイナスの可能性が共存している。イングランドのあるサッカーチームは一時期、先発メンバーが全員イングランド以外の選手だった時騒がれたが、今のルールだとその可能性はある。 
ただ、このリーグが始まったばかりということを考えると、1チームくらいこういうチームがあったら面白いのでは、とも思う。 何より、bjはエンターテイメント性を重視しているので、一つの「インターナショナルチーム」に立ち向かう、その他のチーム、といった構図もアリだと思う。
そうはいっても、野球の「巨人依存症」みたいになるのは困るので、ある時期から、また次の段階に移る必要はあるが。

③の関心度だが、大企業からの資金集めは苦戦しているようだ。資本金が4億円程度と、他のプロスポーツより参入資金はかからないのだが、「(bjの将来的な)可能性は感じるのだが」で話が終わることが多いようだ。 それでも、いくつかのマネジメント会社から問い合わせはある。

①だが、スポニチに載っていた観客動員数をもとに、各チームがどれだけ人を集めているか、データを作ってみた。
東京アパッチ ホーム2309人 アウェー2303人 平均2305人
新潟アルビレックス ホーム3806人 アウェー2026人 平均2739人
大阪エベッサ ホーム2816人 アウェー1839人 平均2194人
大分ヒートデビルズ ホーム2083人 アウェー2991人 平均2536人
仙台89ers ホーム2329人 アウェー1786人 平均2112人
埼玉ブロンコス ホーム1046人 アウェー2985人 平均1434人

となっている。当初、リーグが目標に掲げた「1試合平均2000人」は上回っている(2205人)。目立つのは、新潟と大阪のホームでの人気の高さ。サッカーチームもある新潟は、社長の河内俊光氏が自らbjをリードし、コミッショナーとなっただけあって、県民への働きかけも万全の対策のようだ。

意外に伸びないのが大都市・東京。あとは、埼玉だが、所沢が本拠地なので、アクセスの悪さが問題のひとつのようだ。

今年度は2億円ほどの赤字になりそうだということだが、今後も「プロ」であるこのリーグに大学生がたちが入り続けて、リーグが努力していけば、消滅の危機は回避できると思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://5daysmarket.blog34.fc2.com/tb.php/79-0424ed56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。